はてなバラエティ

日々感じる皆さんの疑問を面白くだったり、感動的にだったり、適当に解決していくブログ

SoftBankの接客は最悪だったけどAppleの接客は最高だったお話






こんにちは。







筆者のたくおです。









毎日更新を心がけていたのですが、最近はバタバタしていたのもあり、数日ぶりの更新となってしまいました。







理由は二つあって、そのうちの一つが引っ越しの準備です。






準備と言っても物件をどれにするかひたすら迷っているだけなんですけどね。








風呂とトイレが分かれてるのだけは絶対です。 何がって矛盾しているんですよ。









トイレは汚物を出すところで、風呂は体を綺麗にするところなはずなのに、その対極の位置にいるものが同じ空間にあるっておかしくないですか?







まぁ、そんな話はどうでも良いとして、もう一つの理由が、携帯の故障です。










僕はsoftbankiPhoneを使っているのですが、最近調子がすこぶる悪かったんですよ。








時々、圏外になったり、検索中となったり、携帯の電波をまったく受信してくれなくなることがありました。





こんな感じです。









電源を落としたり、時間を置いたりすると直っていたのですが、とうとう検索中の画面から直らない事態に。







携帯が使い物にならなければ、仕事にも支障が出ますから、仕事を早上がりしてsoftbankの店舗へ行くことに。









店員さんに対し、開口一番僕はこう言います。








ぼく「携帯が圏外や、検索中になってまったく使い物になりません!!!」









すると、こんな返事が返ってきます。









店員「本日お客様で四人目です。もしかしたら回線会社に原因があるかもしれません。」









どうやらいつもはこのような案件で店舗に来る客は少ないのに、今日に限ってやたら多いのこと。







そのため、携帯電話本体ではなく、回線会社に原因があると分析しているようです。なるほど。携帯が壊れたとメンヘラのように発狂していた僕がおかしかったと。




了解です。










そして店員さんは慣れた手つきで僕の携帯のUSIMカードを引っこ抜き、フキンでキレイキレイにして、それはもう優しく再挿入してくれました。










するとあら不思議。電波が復活したのです。








店員「直って良かったです。本日のご来店ありがとうございました。」








直ってよかっ……






ってぇええええぇええ?!









原因が分かった時のために、連絡先聞いておかないの?携帯の修理の提案はないの?また壊れてしまったらどうすれば?











しかし、店員さんも何も言わないということは、何かしらの算段があってのことなのだろう。







そう考えて、僕は一日を無事終えることになった。








そして次の日。





仕事の電話をしていました。










ぼく「先日はありがとうございました。おかげさまで無事に作業も進みそうです。」









取引先「こちらこそいつもお世話になっております。次回はいつお会いできますでしょうか?」







ぼく「こちらこそいつもご迷惑おかけ…………プー…プー…。









えぇ?!いきなり電話が切断されまさかと思って見てみると…







圏外











うぁああがぁがぁあぁああぁぁあ!!










ほれ見たことか!!あの野郎!!! いきなりガチャ切りして、めっちゃくちゃ感じる悪いじゃねぇかよ!!!しかも直らねぇし!!!どうしよ!!!










昨日も早上がりしてることもあったので、とりあえず自力でなんとか解決しようと、自分の持っているポケットWi-Fiで、できることを探そうと模索することに。








色々と調べていると、ツイッターsoftbankのサポートをしてくれるアカウントがあるではないか。








さっそくコンタクトを取ってみる。








しばらくやりとりを続けて…











結局ネットで簡単に出ててくる情報を提示された挙句…













店舗に来いという始末…






結局何をしようと電波は復活しなかったので、その日も先輩に頭を下げ、仕事を早上がりして前回とは別の店舗に行くことに。






僕のこのときの気持ちはこうである。






結局店にもう一回行くことになるなら、一回の店舗で済ませてくれ








めちゃくちゃ時間効率が悪い上、面倒なことこの上ない。







一日ぶりの店舗に到着した僕は女性店員に開口一番こう言った。







僕「かくかくしかじかでまた店来ることになりました。携帯なんとかしてください!!仕事できません!!!!」







ここの店舗の店員に文句を言うのは筋違いかもしれないが、こうなってしまっては僕も我慢できない。










なぜ1回目の来店時に修理等の提案ができなかったのか、前回行った店舗の店員の対応のいい加減さ、これからどうすれば良いのか。これらを順を追って全て説明した。





そして店員は口を開く。







店員「ソデスネー。チョットゲンインシラベテミルカラナノデ、ダメだったら修理イッテクダサーイ。」





なん…だと……??






まさかの外人さんだったのである。






いや、良いんだ。外人さんなのは良いんだ。平等主義者の僕からしたら、日本の社会に外人が溶け込んでいることはとても喜ばしいことと言える。しかし、事は急を要する。








隣でこの支店の店長と思わしき人物が客の対応をしているのでそれが終わったときが勝負である。






なんとかこの場をやりすごさないといけない。







外人店員「これドウヤッテ電源オトセバヨイデスカ?」






外人以前の話である。これはお話にならない。








あれやこれやと色々話してるうちに店長らしき人の手が空いた。店長もやりとりが噛み合ってないことを察しこちらにやってくる!!!








店長らしき人「どうかされましたか?」






僕「かくかくしかじかでまた店来ることになって困っているんです。」








店長らしき人「HAHAHA……」






そう笑いながら去って行った。








貴様まで外人になりやがるか。



はっきり言って行った店舗の両方が適した接客はできてないとここで判断した。




店員らしき人「修理に出したら3万円以上かかると思います。」






たけーよ…。





時間をかけて外人店員さんと、なんとかやりとりをし、結局Appleに修理しに行くしかないとの結論に至ったので、そのままAppleに向かうことにした。






もう僕はクタクタであった。






電波はおかしくなるし、店に行ったらよく分からない対応をされるし、圏外でAppleに電話をすることもできず、Appleでどんな接客をされるんだろうか。今日iPhoneは直るのだろうか。仕事どうしような。






色んな考えが頭の中を巡っていた。




さながら砂漠の中でオアシスを求める旅人のような状態である。






夜9時、ようやくオアシス(Apple)にたどり着いた。







こんな時間なのに比較的人が並んでいる。






入り口にいる店員に案内されるままに、僕は列に並んだ。







きっと彼氏に振られたての女の子のガードが緩くなるってこんな心境なんだろうな。されるがままである。







もう僕のことを好きにしてください。そう叫びたかった。









しばらく待って僕の前に並んだお客さんを店員が対応している。








店員「本日はどういったご用件でしょうか?」







客「画面が割れてしまって本体を交換してほしいんです。」






店員「かしこまりました。本体の交換ですね。申し訳ないのですが、そちらの壊れた本体自体はお預かりできるのですが、交換は早くても明日の午前中となってしまいます。」










終わった。








振られたてのガードゆるゆるな状態で、その人にしか頼れないのに、彼女ができたからこれからはもう会えないと宣告されたような気分に陥った。しかし、ここまできたならもう引き返すわけにはいかない。








明日の仕事も午前は休みを頂くしかないだろう…。






僕の番になる。





店員「本日はどのようなご用件でしょうか?」






僕「かくかくしかじかで今日はこちらに来ました。」







毎日の決められたルーチンワークのように僕は無感情で説明する。





完全なるメンヘラである。








店員「それは大変でしたね。なんとか本日交換できるように致します。」






What……??







僕は信じられなかった。








まさかの都合の良い関係から本命の彼女へと昇格したのである。









前のお客さんには申し訳ないが、店員も僕がこれだけ困っているのを見て優先してくれたらしい。






感無量の一言だ。





すぐさま対応し、Appleの接客と対応の素晴らしに何度も感動させられ、なによりもAppleの素晴らしいところは本体交換の対応をしてくれた女性店員がおっぱいが大きかったということである。






Apple最高!!!









真面目な話になりますが、今回のsoftbankの店舗での対応はやはり良くなかったと思います。何が一番良くなかったか。


ただ一つ。




“謝罪が一切なかったこと”





これに尽きると思います。







謝罪することで何か起こった現象に変化があるのか?これは絶対に変わりません。







しかし、僕の感情、気持ちは変わります。







「大変でしたね。申し訳ありません。」






この一言があれば、僕も必要以上に追及もしませんし、僕も悪魔ではないので謝ってるなら仕方ないかと割り切れることができたかと思います。







後日記事にすると思いますが、YouTuberのヒカルさんが不祥事を起こして、謝罪や釈明が一切なく、大炎上を起こしていましたね。






完成度はどうあれ、昨日謝罪の動画をあげたら、前よりも状態は圧倒的に落ち着いたと思います。






謝罪はとても大切です。誠意の表現方法の一つです。






結婚したパートナー、恋人、友達、仕事の取引先など、関係がギクシャクしたりしていなかったら、しっかりと"ごめんね"や、"申し訳ありません"という一言があれば何かが変わるかもしれません。







もし言い忘れてたら、誠意を込めて伝えたら絶対に相手に気持ちは伝わると思います。








心がけてみると良いかもしれませんね。





iPhoneが圏外、検索中になってしまったときの対処法。


faq.mb.softbank.jp