はてなバラエティ

日々感じる皆さんの疑問を面白くだったり、感動的にだったり、適当に解決していくブログ

内閣支持率って何?どうやって調査してるの?安倍内閣の現在の支持率が悲惨なことに





こんにちは。








筆者のたくおです。










社会人の皆さんお盆も明けて、仕事にいやいや復帰し、身体もようやく慣れてきましたかね?







誇りを持ってその仕事をしてる方もいれば、なんとなくでしてる方もいればと、様々な理由で仕事をしてる人がいるかと思いますが、責任のある仕事というのは恐怖感と同時に、任された若干の嬉しさがありますよね。











「上司の支持があって」







こんな言葉でもおまけされたとあっては、より一層嬉しくなったりしますよね。認められて任せられたわけですから。








支持されるというのは基本的には嬉しいものだと思います。










仕事というのは基本的に誰かからの支持があって任されます。



内定を貰うのも人事からの支持。

昇進するのも上司からの支持。

大事な仕事を任されるのも社内の偉い人の支持。










僕たち社会人は誰かの支持ありきで日々勤めているわけですね。







そう思ったら少しばかりやる気出てきません?












僕はあんまり出ません。 だって嫌だもん仕事…。










さて、そんな「支持」というワード。
最近ニュースでよく耳にしません?







内閣支持率という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?





内閣支持率が◯◯%を切った」











という使われ方をすることが多いかと思います。







今日のブログはその内閣支持率ってなんやねんって人のための内容となってます。









内閣支持率とは?


一般的には、新聞やテレビ、ラジオなどの巨大メディアが全国の有権者を対象に実施する世論調査として知られている。 月1回の定期的なものの他、組閣や内閣改造で新首相の誕生や国務大臣が大幅に入れ替わった場合に実施されるものもある。

簡単に言うと







今の内閣総理大臣応援してんぜ!






って人の割合ってことですね。






でも、実際自分や周りでそんな調査された人っていますか?僕は自分含め全くいません。どんな調査方法なんでしょう?








調査方法は面接調査や、郵便調査、電話調査などがあります。






このうち、面接調査や郵便調査は時間とコストがかかります。なので、ほとんどがコンピュータでランダムに選択された電話番号に電話し、そこで調査するというのが主流のようです。











じゃあこの内閣支持率の割合が高いと良いのはなんとなく分かるんだけど、低いと何があるねんって話ですよね?









結論から言うと特に何もなしです。








国民がどれだけ支持をしていなくても、この世論調査で内閣を解散させる強制力というものはありません。













しかし、この不支持率を武器に議員さんたちが







「こんなに国民が支持してねーんだから今の内閣総入れ替えしろや!」








って言うことが可能にはなります。










基本的には、内閣の発足直後は国民の期待もあって支持率が不支持率を上回りますが、最終的には不支持率が支持率を上回るというのが普通のようです。





2000年以降の歴代内閣発足直後の支持率です。
どれも上回っていますね。


てか小泉さんすげぇ。








では現在の内閣支持率は?



現在は安倍晋三内閣ですね。





NHKによる調査で(2017年8月)、 支持率39%、不支持率43%と不支持率が上回るという結果になっています。







国民の半分近くが支持していない内閣ってどうなの?と思わされますよね。





また時間があるときに記事にしようと思いますが、森友問題、家計問題などで支持率が急落したようです。










これからニュースで耳にするときは、私たち国民の評価なので、気にしてみると良いですね。












女の子にたくさん支持されたい。



それでは。