はてなバラエティ

日々感じる皆さんの疑問を面白くだったり、感動的にだったり、適当に解決していくブログ

室屋義秀って何をしてる人?エアロバティックってなにそれ美味しいの?




室屋義秀選手の話題でニュースやTwitterのタイムラインがやたらと盛り上がってますね。


そんなTwitterのタイムラインの流れに乗りたいけど、一体エアロバティックってなんやねん。いや、そもそも室屋義秀って誰やねんという人もたくさんいるかと思います。


良いか?Twitterの流れにも乗れない奴がリアル(現実)の会話に乗ることなんてできるわけないからな?そういうとこからだよ?わかった?じゃあ返事は?





名前 室屋義秀
生年月日 1973年1月27日 (44歳)
出身 奈良県

日本のパイロット。福島県福島市在住。株式会社パスファインダー代表取締役。2002年に活動を開始した競技志向型エアショーチームのメインパイロット。2009年にはレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにアジア人で初めて参加した。




幼少期に『機動戦士ガンダム』のアムロレイに憧れてパイロットを目指したようですね。子供の頃の夢をそのまま捨てずに叶えた人というのはなかなかいませんし、かっこいいです。 20歳の頃に渡米して、飛行機のライセンスを取得したりと、若い頃から将来のビジョンがしっかりとしていたのでしょう。 その後日本で行われたエアロバティックの大会を目の当たりにしたことで、その道を目指すと決めたようです。




エアロバティックとは、 普段は飛ばないような特別な飛び方をすることを広く指すための用語のようです。要はアクロバティックな飛び方、飛行技術といったところでしょう。



ではなぜそんな室屋義秀選手の何がそんなに騒がれているのか?


それは現在富士スピードウェイで行われている、AUTOBACKS SUPER GTという自動車レースの大会で、お客さんに観せるための、デモフライトをしたことが理由のようです。




レッドブルエアレースという世界規模のレースにアジア初で出場した経験など、この世界のトップアスリートのようです。





44歳という年齢ではありますが、今後の活躍にも期待です。